洗面台や浴槽

給湯器をお得に利用

光熱費の節約には、給油機を大きく変えることが効果的であり、パナソニックのエコキュートであれば光熱費を大きく節約できます。エコキュートは住宅省エネポイントの対象なのでお得に購入する事が出来ます。

Read more

優れた特徴

給湯器には電気とガスの2種類があり、どちらにも特徴があります。パナソニックのエコキュートは往来の給湯器のデメリットを大きく改善し、メリットを大きく伸ばした商品です。

Read more

種類により異なる性能

パナソニックのエコキュートにも多くの種類があり、タンク容量によっても価格が大きく変わってきます。独自の省エネ機能がついていおり、上手に省エネ出来るという大きな特徴があります。

Read more

エアコンの取り外し

エアコン取り外しをする時とは

賃貸住宅に住んでいる場合、もともとエアコンは付いている賃貸住宅が増えていますが、すべての部屋にエアコンが付いていることは稀で、寝室かリビングダイニングのどちらかについているだけです。それ以外の部屋は自分たちでエアコンを持ち込むか、購入して付けるしかありません。逆に、部屋を退去するときにはエアコンを取り外しをする必要があります。取り外しは素人でも可能ですが、まるで初心者であれば業者に依頼をして取り外しをしてもらいましょう。では、もし退去時に取り外しをしないでそのままつけっぱなしならばどうなるでしょうか。そこは管理会社やオーナーの考え方次第ですが、普通はそのまま使えるのであれば特に問題は起きません。

住宅を売却する場合の処理の仕方

逆にそのエアコンが壊れている場合には、退去時に原状回復義務を果たしていないということで、取り外しの代金を敷金から引かれることがあります。ですので、壊れているエアコンは必ず取り外すようにしましょう。賃貸の場合ではなく、住宅を所有していてその住宅を売却する場合もエアコンを取り外しをしても構いません。付けておいた方がやや価値は上がりますが、実際にはそれほどその価値は変わらないのです。また、壊れたエアコンをつけっぱなしにしている場合は、内覧会などでそれが見つかると、だらしない売主だという印象が強まり、購入希望者がなかなか現れない可能性があります。エアコンの取り外しの費用は業者に依頼すると、5000円程度で行ってくれます。